便秘の改善方法とは?

女性が頻繁の起こしてしまう悩みの中に、欠かさず入ってくるのが便秘ですよね。 便秘は消化器官が閉塞的になってしまって、踏ん張っても閉じてしまっていて便がでてこないことをいいます。

一般的な即席的に使われる物は下剤を服用して無理やりにでも便を出してしまう事です。しかし、下剤を服用することで体調不良にもなりえますし、下剤の過多服用により利かなくなってしまいます。 では、下剤以外での出口はないのでしょうか?

日常的な改善の取り組みでは、食物繊維と乳酸菌を摂ることで便秘の解消効果が生まれてきます。 便秘を誘発する原因は腸内環境が悪く悪玉菌が多く棲みついていることが挙げられます。

その悪玉菌を解消するには、食物繊維を摂取することで善玉菌を増やしてあげることです。
また、ヨーグルト等の乳酸菌が含まれている物を摂取することで腸内に直接免疫力を付けることができます。

しかし、最近の研究ではヨーグルトの摂取では大腸まで届かないことがわかっていて、より大腸に届かすために、乳酸菌LG21等の最新の乳酸菌を摂取することで大腸に乳酸菌を行き届かすことに成功しました。

ですが、日ごろ忙しい人や時間に余裕がない人に食物繊維や乳酸菌の摂取を意識しても、中々難しい問題となってきます。 そこで、乳酸菌がサプリとなって摂取することができる
サプリが最近になって話題となっています。

乳酸菌の代表、ビフィズス菌の他にも腸内環境を整える効果があるラブレ菌とカゼリ菌の三種類を配合されています。 ラブレ菌はビフィズス菌の働きを助けてくれて、悪玉菌の増加を抑えてくれる働きがあります。

カゼリ菌もビフィズス菌同様に悪玉菌を殺菌して腸内環境を整える働きがあります。 この三種類を配合してサプリとして濃縮することで、一般的な乳酸菌では胃酸で溶けてしまい腸内までに届かないという問題を解消することが成功しました。 カプセルサプリなので、どんなビジネスシーンでも使用することができる頼もしいサプリとなっています。便秘 サプリ